間取りや周辺状況は非常に大事

家具や家電を、すべて設置できるのか調べましょう。 間取りに問題があると、設置できなくなってしまいます。 事前に家具や家電を揃えた人は、サイズを計測してください。 見学へ行った時、きちんと設置できるのかスペースを確認しましょう。 事前の調査不足でおけなかった、などとならないよう気をつけましょう。

太陽の光を感じられる住宅

窓がたくさんあると、明るい住宅になります。 暗いとジメジメしますし、気持ちまで暗くなってしまうでしょう。 住宅を購入する際は、窓を確認してください。 間取りをチェックする時に、見逃がしてしまう人が多いです。 窓が少ないと、夏は暑くなりやすいので注意しましょう。

どんな施設があればいいのか

何があれば、自分たちの生活が楽になるのか考えてください。 子供がいれば、学校へ行ったり保育園に預けたりすると思います。 それらの施設が近いと楽ですね。 万が一病気やケガをした時のため、病院が近い場所を選択するのもおすすめです。 必要な施設の位置を把握しましょう。

希望通りの間取りなのか把握

どんな間取りだと暮らしやすいのでしょうか。
人によって、住宅に抱いている希望が異なります。
ですから自分の希望を叶える間取りを知っておきましょう。
設置したい家具や家電がある人はどこに何を置くか決めてください。
それが実際に設置できるのか、見学した時に長さを計測しましょう。
また家電がたくさんある住宅は、コンセントの数にも注目してください。
コンセントが少ないと、家電を使用できなくなってしまいます。

窓の位置も確認した方がいいですね。
広さは希望通りでも、窓が少ないと感じたら避けた方がいいです。
窓が少ないと、光も風も入ってきません。
すぐに室内が暗くなりますし、空気の通り道がないので暑く感じるでしょう。
窓が少なくても、大きな窓であれば大丈夫です。
窓を開けた時の眺めもチェックしておきましょう。
景色がいいと、気分も高まるでしょう。
隣の家との距離が近く、窓を開けていると生活が丸見えになることもあるので注意してください。

子供がいる家庭は、学校が近い住宅がおすすめです。
どこに学校があるのか、周辺状況を確認してください。
小さな子供の場合は幼稚園や保育園など、子供の年齢に合わせて必要な施設があるのか調べましょう。
また病院の位置も、忘れずに確認してください。
具合が悪くなった時は、病院へ行かなければいけません。
しかし遠いところに病院があるとそこまで辿り着くまでに時間がかかってしまいます。
近くに病院があると、安心できますね。


TOP