間取りや周辺状況は非常に大事

家具のサイズを計測しておこう

どんな家具を置きたいのか考えてください。
今使っている家具を、そのまま新居に持って行く予定の人も見られます。
それなら、間取りを調べてどこに家具を置くか決めるといいでしょう。
広さだけ見ていいと思っても、実際に見学すると柱や壁や邪魔で、家具を置けないかもしれません。
購入してから家具を置けないことに気づいたら、新しい家具を買う必要があります。

無駄な出費が増えるので、今使っている家具を設置できる住宅を選択してください。
サイズを計測してから、見学に行きましょう。
すると長さを測って、どこに何を置くかイメージできると思います。
持っている家具をすべて設置できたなら、その住宅を購入してもいいでしょう。
見学に行くことはとても重要です。

コンセントの位置をチェック

たくさん家電を使う住宅は、どこにコンセントがあるのか確認してください。
一般的には、1部屋に2つのコンセントがあれば足りると言われています。
しかし家電をたくさん使うなら、3つや4つがあった方がいいですね。
また個人の部屋はコンセントが少なくてもいいですが、洗面所やキッチンはもっと必要かもしれません。
どこに何の家電を置いて使うのか考えてください。

コンセントの数はよくても、位置に問題があるケースも見られます。
コンセントの位置が遠すぎて、希望している場所に家電を置けないかもしれません。
家電に備わっているケーブルが、どのくらい伸びるのか事前に確認しておきましょう。
快適な生活を送るため、確認しなければいけないポイントです



TOP