太陽の光を感じられる住宅

電気代を無駄に使わない

室内が暗いと、昼間でも電気を点けなければいけません。
電気代が高くなるデメリットがあります。
昼間は、太陽の光を利用するのがおすすめの方法です。
窓がたくさんあれば、太陽の光が差し込んでくるので十分明るさを維持できます。
新しい住宅の間取りを確認する時は、どこに窓があるのかチェックしてください。
リビングに窓はたくさんあっても、キッチンは少ないかもしれません。

キッチンが暗いと、手元が良く見えないので危険です。
あとからリフォームして、窓を増やすことはできます。
しかしその際は、莫大な費用が発生することを忘れないでください。
最初から窓が豊富な住宅を選択していれば、余計なリフォームをしなくていいので費用削減に効果的です。

風の通り道を作ろう

夏に窓を閉めっぱなしにしていると、すぐに気温が高くなります。
快適に暮らせないので、窓を開けてください。
窓が少ないと空位が通らないので、部屋の温度を下げることはできません。
窓が複数ある住宅を選択すれば、空気の通り道ができるので涼しくなります。
また窓がない住宅は、湿気が籠りやすいので注意してください。
湿気が籠ると、カビが生えやすくなります。

お気に入りの家具や小物に、カビが生えるのは嫌ですよね。
空気が溜まっていると思ったら、すぐに窓を開けて換気してください。
そのためにも、窓がたくさんある住宅を選択しなければいけません。
新しい住宅の、綺麗な状態を維持するためにはカビをは生えさせない取り組みを意識しましょう。



TOP